こんにちは♪いつも記事をご覧いただきありがとうございます。

 

毎回つわりを軽減する方法をご紹介していますが、今回はオロナミンCでつわりを軽減することができるのか、ということについてご紹介していきたいと思います。

 

栄養ドリンクとして定番であるオロナミンC、実はつわりを軽くする効果があったなんて!と驚いている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

 

オロナミンCが何故つわりに良いのか、効果やデメリットなども見ていきましょう(^▽^)

 

オロナミンCってそもそもどんな商品?

 

オロナミンCは、CMでもよく見かけるほど有名な栄養炭酸飲料です。ビタミンCはレモン11個分!ビタミンB2・B6、アミノ酸、はちみつも含んでいます。

 

用量は120mlで、炭酸が入っているのですっきり気持ちよく飲めるのも人気の理由でしょう。

オロナミンCというと結構黄色が強いので、人工着色など含まれていそうですが、実は!着色料不使用です。オロナミンC特有のあの黄色い色は、ビタミンB2本来の色なんだそうです。

 

1本あたりのエネルギーとしては79kcalですので、それほどカロリーが高いというわけでもないですね。

 

オロナミンCにはビタミンB6が豊富に含まれている?

 

オロナミンCには、つわり軽減の効果があるとされているビタミンB6が6mgも含まれています。

 

食事からこの量を摂ろうと思ったらかなり大変なんですよ。魚の赤身だったら500グラムも食べないといけないです(T_T)

 

普段の食事でビタミンを2mg程度摂取できていると過程すると、オロナミンCは一日に2本飲めばOKという計算です。

 

かくいう私もつわりで悩まされたときに炭酸が飲みたくなって、栄養のあるものをと考えてオロナミンCを飲んだことがありましたが、飲み切れる量でしかも美味しいので気に入っていました。

 

飲んだ後はすっきりするのでつわりが幾分マシになっていましたね。

 

結論!ビタミンB6は入っているけれど…あまり妊婦さん向きではない

 

ビタミンB6が入っていることでつわり解消の効果があると言われているオロナミンCなのですが、妊婦さん向きか?と聞かれると決してそうではないと私は思います。

 

なぜなら、オロナミンCには1本当たり18mgのカフェインが配合されているからなんです。

妊婦さんはカフェインを摂ると良くないと言われていますよね。

 

妊婦さんが1日に摂取してOKなカフェイン量の目安というと、大体100mg程度です。

つわりが落ち着くからとオロナミンCをたくさん飲んでしまうとカフェインの摂り過ぎになりますので、注意が必要になってきます。

 

オロナミンCは1日2本程度であればカフェインで何か母体に問題が起きることなどは無いと思われますが、つわりがあるとついつい胃がすっきりするものを飲みたくなってしまうので2本じゃ全然足りない!というケースもありそうですね(^-^;

 

カフェインはそのほかにも緑茶やコーヒー、紅茶などにも含まれますから、そういった飲み物を摂っている場合はオロナミンCは極力避けたいものです。

 

それにオロナミンCって毎日続けて飲んでいるとお金もばかになりませんからね…。

 

当記事でご紹介している他の改善方法についても効果には個人差がありますし、自分に合う方法かどうかということを見極めてみることも大事かな~と思います。

 

まずはお試し程度に1本だけ飲んでみるというのも良いと思いますが、つわり軽減目的で飲用するのは辞めておいた方が良いと断言します。

 

気分転換にたまーに飲むのはありかと思いますが、1日に何本も何本も飲むのは、おなかの赤ちゃんの為にも避けた方がいいでしょう。

 

まとめ&つわり改善の現実的な方法とは?

 

今回は、オロナミンCはつわり軽減効果があるのか?についてご紹介しました。

 

オロナミンCを飲むことでシュワっとしたのど越しが気持ちよくてクセになるという妊婦さんも多いみたいですが、カフェインが入っていることと糖質も多いという点では継続して飲める可能性は低いですね(;O;)

 

今は、つわり対策サプリなんかもありますので、そういったサプリメントを活用してつわりを抑えるというのも一つの方法です。

 

サプリメントにもよりますが、たった1日1回飲むだけでつわりが改善されるとされる量のビタミンB6が摂れます。葉酸も含まれているので妊婦さんに必要な栄養素がぎゅっと詰まっています。

 

私もサプリメントを飲んでましたが、匂いも味もないので気軽に摂取できてました。つわりのムカムカも治まったりしていたので、まさに救世主でしたよ。

 

一日にオロナミンC2本、あとはサプリメントを併用するというのが良いかもしれませんね♪

 

参考になりましたら幸いです。

ではでは、また!(^.^)/~~~